スポンサーサイト

2016.03.10 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    れなつんで学(まなぶ)

    2016.03.10 Thursday

    0
      修学旅行やツアーなどについていって、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。

      子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいます。
      病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
      看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、契約内容でどのような点を大切にしたいのかをとりあえずクリアーにしておくのが大切です。



      夜の勤務は難しい、休みの日が減るのは困る、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、リクエストには個性があります。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、負担になる労働環境で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。看護師の勤めているところといえば、病院と考えるのが一般的でしょう。
      しかし、看護師の資格を使える職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。



      よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。
      そして、3ヶ月は使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。焦った状態で次の仕事に就くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望の条件に合う仕事を丁寧に探しましょう。

      ですので、自分の中で条件を明確にしておきましょう。

      看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させられるそうです。厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。

      看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。
      看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。日本での看護師の年収は平均437万円程度です。


      ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均593万円ほどになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。看護士になりたい動機は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。
      転職の場合の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。以前の職場への批判などは口にしないことが大事です。